VIVA★63

アラフォーデザイナー@サイゴン

ドラゴンボールの正しい読み方

 

 

ドラゴンボールハラスメントが流行ってるらしい?

liginc.co.jp

 

この記事、いまの若い人の素直な感想がわかって面白い。

 

確かに、僕たちが小学生の頃ドラゴンボールは一世を風靡した。

でも、ドラゴンボールが流行ったきっかけは、漫画ではなくてアニメだ。
僕はTVアニメのドラゴンボールを先に知った。

「漫画ではアニメより先のストーリーが読める」

 と知ったのはその後だ。

作者の鳥山明を知ったのは、さらにその後。

 

アニメを見てた頃、主人公の悟空はチビだったけど、僕よりちょっと年上。
でもいつの間にか大きくなり、チチと結婚したときは興奮したものだ。

しかし

ドラゴンボールは全体を通しておもしろいか」

といえばそうではないと思う。

 

個人的には、フリーザを倒すまでが好きだった。

セル編になってくると、地球人はほとんど活躍できず、サイヤ人中心の戦闘になりだした。

魔神ブウ編に入る頃には僕も中学生になっていて、ジャンプは立ち読みで済ますようになっていた。

 

ドラゴンボールZといえば、アニメと原作(漫画)の速度の違いが浮き彫りになった件だ。
アニメの進行が早すぎて、原作の漫画に追いつきそうになるたびに、アニメの戦闘シーンでは「同じ映像を繰り返す」という、時間稼ぎが繰り返された。
正直、あの頃からドラゴンボールのアニメはつまらなくなった。(漫画は面白かったけど)

 

結論としては、ドラゴンボールは少年向けの漫画だ。
大人が読んでも面白みを感じないだろう。

 

だって、小学生のあの頃は、

「修行すれば本当にかめはめ波が撃てるようになる」

と思っていた。

そう、サンタクロースを信じるようにね。

 

うちの息子だって、警察官になればパトレンジャーになれると信じている。
少年向けの漫画は少年のうちに読まなければ、本当の面白さはわからない。

 

 

↓お帰りの前にクリックお願いします!

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村