VIVA★63

アラフォーデザイナー@サイゴン

大殺界の過ごし方

 

 

 若い人は知らないかもしれないが、一昔前に細木数子という占い師がテレビに出ていた。

約三年でテレビ出演を辞めたが、全て彼女の計画通りだ。

細木数子がテレビに出ていた時期は、彼女にとっての大殺界にあたる。

 

大殺界とはなんだろうか?

 

簡単に言えば、

「運がツイテない年」だ。

厄年のようなもの。

彼女の占いによると、12年のうち3年大殺界がやってくる。

「何をやっても上手くいかない」という年だ。

これが三年も続くなんてしんどいよ。

でも、心当たりがある人もいるはず。

 

僕は中学時代の3年間冴えなかったし

その12年後はヤクザに呼び出されたり、裁判沙汰が増えたりろくな年じゃなかった。

 

そして、その12年後の大殺界がいま回ってきた!

 

でも、今回の大殺界ではほとんどツライことが起こらない。

むしろ平和だ。

 

大殺界をしのぐコツを身につけたからでもある。

この大殺界の時期には、もがけばもがくほど泥沼にハマる。

大殺界の時期に転職して、結果がでず、家庭もボロボロになってる人が近くにいる。

 

大殺界では、上手くいかない前提で、結果を求めず好きなことをやればいい。

で、なるべく心は平穏を保つこと。

「上手くいかない!ウッキー!」

ってなると、余計に上手くいかない。

 

甘い話にも乗らない。

結果を求めない。

不安にならない

のがコツだ。

 

ちなみに、母が専門の算命学では、大殺界のことを天冲殺という。

天中殺は、守ってくれる星がない年だ。

そう考えると上手くいかない気がするね。

 

↓お帰りの前にクリックお願いします!

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村