VIVA★63

アラフォーデザイナー@サイゴン

【ドイツ留学編】ハイデルベルグの精霊教会

 

2009年7月17日

 
ドイツに来てからもうすぐに3週間になる。
こっちは、夏でも日本ほど暑苦しさを感じない。

36度とかなるけど、日本みたいに蒸し暑くないから全然快適。

むしろ、朝は肌寒いくらい。

ドイツの夏は昼間がめちゃくちゃ長くて、暗くなりはじめるのは21:00過ぎ 。(白夜)

日本のいまの19:00くらいと同じ明るさが21:00ってところか。

やっと真っ暗になるのが22:00で、ちょっと不思議な感じ。

いま、僕が暮らすハイデルベルグ旧市街の中心地にある精霊教会へいくと、感動に出会った。
 
ハイデルベルグの精霊教会は1398年に礎石が築かれ完成したのが1544年。
実に150年月の歳月をかけて作られた教会。

完成してから450年以上たった今も堂々とそびえたつ姿には畏怖を覚える。

それより、一番の良さは中の空間。

音楽との共演

 

教会内に入って聞こえるパイプオルガンの音それは大きく深く、心の底までなり響く。

 

空間も外からの光がステンドグラスを通して鮮やかな色どりを中にさし入れる。

巨大なパイプオルガンは、10m以上あるだろう、この空間に浸っていると心が洗われる。

tabistar.club

 

↓次へ行く前にクリックお願いします!

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村