VIVA★63

アラフォーデザイナー@サイゴン

虚飾大好きオジサン

 

 

先日、本社の営業から長々と無意味に装飾されたメールが飛んできた。
要約すると
「◯◯の納期早くなりませんか?」
という内容なのだが、

「他社の状況がどーのこーのだから我が社も油断できません。」

こんなメールで心が動くわけない。
でも、今の50~60代の人ってこうやって虚飾したメールを書くのが好きだ。

多分感情的なメール。

本質的には、「イエス」か「ノー」かを聞くだけなのに、なんで他社の状況まで書いてくるのか。
よっぽど暇なんだなとしか思えない。
固有名を伏せた状態でメールを公開する。

 

お疲れ様です。 

昨日A社(顧客)のバイヤーから久しぶりに電話があり、昨年後半よりB社(顧客)からC社(メーカー)への注文が激減しており、C社が苦戦しているという話がとある地域で飛び交っているとのことです。

B社も我が社より大きな工場をとある地域の新工場と益々内製化を進めておりますので我が社も油断はできません。

我が社はB社が生産し難い物を少しでも低コストで生産し続けなければなりません。B社のとある地域に近い新工場ではSOFAとベッドに力を入れるようだと聞きますが(A社情報)実際は不明、1年前まではイタリアからバッチの全自動機会を入れてチェアーに力を入れると聞いていましたが多少方向が変わったかもしれません。

 さて弊社のブランドシリーズの◯◯に全営業が集中して拡販に昨年末から当たっておりますが欠品が多くほとんどのお客様から不信感が出ております。❏❏が廃盤ということもありお客皆さまが◯◯は大丈夫かと心配しているのが現状です。

既に注文してある分の生産・出荷は予定通りお願いいたします(少しでも早くなれば非常に助かります。先週も◯◯のダイニングセットを注文したお客から◯月ではあまりにも遅すぎるため1週間でも2週間でも早くしてほしいとご希望です。

おそらく新築のお客様のようです。A氏に確認したところ◯月◯◯日ETDのコンテナーに入っている旨聞きましたが1週間でも早くなりませんか? 至急ご検討ください。

 

 

商品が欠品状態であるのは、本社の発注が遅いために発生しているのに、工場の出荷が遅れているような内容の書き方。


まぁ、それは置いておいて、納期交渉だけのために前置きが長すぎて笑ってしまう。
他社情報も大事だが、まずは社内の問題から解決していくのがシンプルだし基本。

 

他社情報を連絡したいなら、それを主体として別のメールに書いて送るべき。
余計な情報が入っていると、伝えたいことがそれだけボヤケてしまう。

 

納期を早めてほしいなら、それだけ書くのが基本だろうに。
今回のメールは最後の太字だけで十分のはず。前半はいらんだろ。

 

 余計なことを書くだけ時間の無駄だ

 

↓次へ行く前にクリックお願いします!

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村