VIVA★63

アラフォーデザイナー@サイゴン

【台湾 台北】2010年1月16日 一ヶ月続いた旅最後の夜 故宮博物館と101展望台 そして別れ

 

台北

今日は、台湾観光最後の日であり、明日は台湾から東京に帰るだけだ。

思い起こせばドイツを出発したのはたった1ヶ月前なのに、随分と昔のように思える。

しかも、その時は「日本に帰る」というよりも「旅立ちの心浮かれる」気持ちだった。

この長かった(?)1ヶ月の旅ももうすぐ終わる。

腹の調子は相変わらずよくないが、今日は最後の日をおもいきり楽しみたい。

台北でデート

KYOとは朝の10時に待ち合わせていた。

今朝は遅れずに、彼女はやってきた。

台湾の女の子はメイクをする子もいれば、スッピンのままの子もいる。

KYOは後者だ。でも、スッピンのままでもカワイイ。

日本に連れて行って、ちゃんとメイクしたらもっと可愛くなるだろう。

なんて考えながら、彼女と二日目のデートがスタートした。

今日は忙しい。

最後に行きたいところが多いからだ。

何としても故宮博物館には行きたい。

というか、ドイツで出会った友人に、

「台湾に行くなら故宮博物館は行くべきだよ!」

と言われていたのだ。

本日は小雨がパラついていて決してデート日和ではないが、KYOとのデートは楽しかった。

まずは、歩いて二二八公園と総統府、中正記念を周った。

総統府

中正記念館

どの建物もかなりスケール感がでかい。

威風堂々としており、中華思想が反映されている建物だと感じた。

しかも雨の中なのに、結構な数の観光客がいた。

tabistar.club

一通りまったら雨が強くなってきたのでカフェに入ることに。

するとKYOに

「日本人はすぐお茶したがるね~」

と言われて、なぜかドキッとした。

また、カフェでとりとめもない話をしていた。

しばらくしたらお腹が空いていたので、KYOオススメの小籠包のお店へ向かうことにした。

激ウマ小籠包の店

KYO曰く

「私はかなりの方向音痴だ」

昨日から現時点までの間に、とくにおかしなことはなく、彼女のいう意味がわからなかった。

しかし、この小籠包屋さんに向かうまでに、彼女の方向音痴度合いに驚いた。

結論から言うと、カフェと小籠包のお店の距離は近かった。

カフェを出て右に歩いて行けば、その小籠包の店にすぐ着く距離だった。

しかしKYOはカフェを出て左に歩いて行き、

二二八公園を約1周して小籠包の店に辿り着いたのだった。

彼女は、おそらく地図の読めない女子の部類に入るだろう。

 

台湾に来てから美味しい台湾料理を食べていない。

台湾料理は本当に口にあわない」

と思っていた。

しかし、遠回りしてたどり着いたこの店の小籠包、餃子そしてシュウマイどれを食べても美味しかった!!

台湾に来てから1番美味しい料理だった。

わざわざ遠回りして歩いてきたかいがあった。

台北に来たら是非また来たい店だが、残念ながら場所はもうわからない。

台北市立美術館へ

残り少ない台湾観光もあと半日。

まずは、台北市立美術館へ向かう。

この建物は、かつてドイツで見たヘルツ&ドムローンの建物に似ている。

設計は台湾籍建築家高而潘だ。

しかし、塗装はあちこち剥がれており、あまり綺麗とはいえない。

展示物はあまり興味を引くものはなかったがKYOはつきあってくれた。

tabistar.club

世界4大博物館の一つ故宮博物館へ

次は本日のメインイベント故宮博物館へ向かった。

流石に地元のKYOがいるからバスを見つけるのが早い。

台北はたくさんのバスが走っているから、どのバスがどこへ行くのかさっぱりわからない。

故宮博物館は山を背に広大な敷地と大きな建物であった。

たくさんの来観客で賑わっている。

さすが世界4大博物館の一つ!!

・・・と言いたいところだが、やはりルーブル美術館と比べるとこじんまりしている印象だ。

 

ちなみに四大美術館(=四大博物館ともいう)

メトロポリタン美術館

ルーヴル美術館

エルミタージュ美術館

故宮博物院(北京説・台北説)

 

故宮博物館は展示物は少ないものの、所蔵品が65万点あるらしい。

また、ここのメイン展示が「白菜」(と「角煮」)というのがなんとも面白い。説明を読むと価値があるということはわかった。

そして、器類では3000年も前のものも展示されていた。

漢字の原型が刻まれており、そして3000年前とは思えない造形美のものもあった。

やはり展示物で一番目を奪われるのは山水画

この絵が描かれている山奥のようなところにも1度訪れてみたい。

台湾最後の夜は臭豆腐に挑戦!?

台湾最後の日は忙しい。

故宮博物館も早々に切り上げて台北の街に戻った。

今日の夜は、ドイツで出会ったLINAと18:00に会う約束があるからだ。

KYOと知り合えたのはLINAの紹介だ。

約束の時間より少し遅れてしまったがLINAに会えた。

もちろんKYOも一緒だ。

 

LINAとの会話は英語とドイツ語だ。

いま、彼女は塾で英語の講師をしているらしい。

夕食は、臭豆腐の匂いが立ち込める夜市で、火鍋を食べた。

この鍋自体は臭くなかったし美味しかった。

ちなみに僕はトマト鍋を食べたが、全部で20種類くらいの鍋があった。

しかも週末ということで、客が多く賑わっていた。

元世界一高い超高層ビル台北101

高さ 509.2m

最上階 439.2m

地上101階 地下5階

 

最後は、かつて世界1高いビルであった台北101へ登った。

KYOは一緒につきあってくれた。

LINAは下で待っていてくれた。

KYOとは別れを惜しみながら、最後の会話をした。

 

旅の終わり

 

KYOとの別れ

 

そして日本で待っている現実

 

ロマンチックな景色をみながら、寂しさと不安と切なさといりまじる。
明日は、とうとう日本に帰る。

tabistar.club

本日の出費

MRT 20T$

朝食  22T$

昼食 小籠包の店 270T$

お茶  50T$

台北市立美術館 150T$

バス →士林  15T$

バス →故宮博物館 20T$

夕食 30T$

MRT →101タワー 30T$

101展望台 400T$

MRT →台北 20T$

ジュース 20T$

宿代   420T$

合計 1647T$

 

↓お帰りの前にクリックお願いします!

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村

最終日へ>>

 

www.viva63.asia