VIVA★63

アラフォーデザイナー@サイゴン

【台湾 台南】2010年1月11日 台南国軍英雄館は怖い

 

台南へ

今日でお世話になったYIN家ともお別れだ。

今朝は早く出たいとYINの両親に伝えてあった。
8:00に朝食をとり、その後すぐにYINパパが車で高速鉄道の駅まで送ってくれた。

この高速鉄道は日本の新幹線に相当するらしく、とても速いのだがチケットも高い。

台中から台南までは555Tドルだ。

貧乏旅行の僕は普段乗らない鉄道だ。

しかし、YINパパがこのチケットを買ってくれた。

まったく恐縮してしまう。

それと、YINパパが台湾での宿泊先を紹介してくれて、その宿泊先のメモをうけとった。

そして、最後の別れを告げた。

 

台中から台南は、国鉄なら2時間以上かかる距離だ。

それをこの高速鉄道は40分で到着した。

しかし、この駅は台南中心部から少し離れており、市街地までは無料シャトルバスが往復している。

国鉄台南駅に着くと、まずはインフォに向かう。

インフォでは、YINパパからもらったメモを見せて、ホテルまでの行き方を聞いた。

台南の駅からは少し離れているようだ。

駅を出ると、タクシーの客引きが寄ってくるが、黙殺してバスのりばでバスを待った。

インフォで教えてもらったバス停で降りたものの、そこのバス停からさらに歩くことになった。

あいかわらず、ホテル探しには苦労する。

フラフラしているとタクシーが寄ってくる。

 

それでもなんとか30分ほど歩いて、ホテルに辿り着いた。

「台南国軍英雄館」というなんとも勇ましい名前のホテルだ。

このホテルは軍人用のホテルらしい。

ドミトリー230Tドルと激安。

しかも、ドミトリーとはいえ、他の客がいなかったので、自分一人で一部屋を使うことが出来た。

ただ、このホテル古くて怖い。

少し休憩して、早速台南観光へと出かけた。

台南の街

台南はそれほど大きな街では無いので、徒歩で周ることができる。

 

観光順路

五妃廟

tabistar.club

延平郡王祠

tabistar.club

孔子廟

tabistar.club

赤崁楼

tabistar.club

 

この台南という街は、「台湾の祖父」とされる鄭成功ゆかりの地。

鄭成功ポルトガル人を台湾から追い出した英雄だ。

鄭成功は、日本の平戸に生まれた。

父は中国人で、母は日本人だ。

台湾が親日的な理由がわかった気がした。

というか、台湾は昔から中国と日本に挟まれて、複雑な状況下にあったわけだ。

しかし、この台南の町並みは沖縄に似ている。

地理的に近いから当たり前かもしれないが、大きなガジュマルの木があちらこちらにあった。

夕方は台南の市街地へコンセプトプラグを探しに出かけた。

ショッピングセンターのインフォで尋ねると、女の子が日本語で教えてくれた。

台湾という国はどこでも日本語を話せる人がいるからありがたい。

明日は、半日台南の観光を続けて、その後一旦台北へ戻ることにした。

それにしても、このホテル「台南国軍英雄館」の夜は怖かった・・・。

こうして台南1日目が終わった。

本日の出費

宿代 230T$

孔子廟 25T$

赤崁楼 50T$

バス代台南→台北 220T$

夕食マック 135T$

コンビニ 73T$

ポストカード 90T$

合計 873T$

 

↓お帰りの前にクリックお願いします!

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村

26日目へ続く>>

 

www.viva63.asia