VIVA★63

アラフォーデザイナー@サイゴン

【タイ スコータイ】2010年1月4日 スコータイで感じるタイとカンボジアの格差

 

ピサヌロークに到着!!

昨夜21:00頃出発した列車が、目的地のピサヌロークに着いたのは、定刻より2時間遅れの朝7:30だった。

さて、ピサヌロークは9年前も来たことがある街だ。

当時は、まだ大学生ではじめての海外一人旅だった。

確かこの街は、あまり英語が通じなかった記憶がある。

 

しかし、今回の目的地はここではない。

目的地は、ピサヌロークからバスに乗って行くことができるスコータイという街だ。

スコータイ行きのバス停の場所はネットで調べてわかっているつもりでいた。

 

ピサヌローク駅から歩いてすぐに、屋根付きのバス停があり、ここでしばらく待ってみた。

30分位待つとバスが来たので、手を上げてみたが停まってくれない。

そもそも、ここのバス停にバスを待つ乗客がいない。

なにかがおかしい。

 

このバス停を見限って他をあたることにした。

しばらく歩くと交番があったのでスコータイ行きのバス停を聞いてみた。

しかし、要領の得ない答えが帰ってきた。

 

さらに道行く人3~4人に聞いてみたが、英語がわからないせいかちゃんとした返事をもらえなかった。

やはり英語が通じない街はしんどい。

 

僕は、本当にスコータイにたどり着けるのだろうか。

 

まずは、英語を話せる人を探すしかない。

英語を話せる人がいる場所といえば・・・

 

ホテルだ。

 

ちょっと高そうなホテルを探した。

ホテルは意外と簡単に見つかった。

 

そしてホテルのフロントにスコータイ行きバス停の場所を聞いてみた。

すると、親切に地図まで書いて教えてくれた!!

その地図通りに歩いて行くと、なんとかスコータイ行きのバス停にたどり着くことが出来た。

 

スコータイに到着!!

ピサヌロークからのバスに揺られること1時間。

そこからスコータイバスターミナルに到着した。

このバスターミナルから新市街~旧市街とソンテオが結んでいる!!

ソンテオとは、トゥクトゥクを大きくしたような軽トラのような乗り物だ。

しかし、そのソンテオが見つからない。

 

やむなくトゥクトゥクで、RIVER HOUSE GUEST HOUSEに向かった。

このゲストハウスは、川辺にあり静かだし雰囲気が良かった。

従業員の方も優しかった。

RIVER HOUSE GUEST GOUSE

旧市街地ムアンカオへ

https://i2.wp.com/tabistar.club/wp-content/uploads/2016/11/DSC04240.jpg

チェックインして、シャワーを浴び着替えたら早速でかけた。

屋台では20バーツのヌードルを平らげて、遺跡群のある旧市街地ムアンカオへ向かった。

 

新市街地からムアンカオへはソンテオで30分弱。

ソンテオを降りると、そのむかいにレンタサイクル屋があった。

1日30バーツ(100円)と安いので早速レンタルした。

スコータイの遺跡群は、アンコール遺跡に比べると一つ一つが小さい。

しかも、このムアンカオ周辺にまとまって点在しているので、半日もあれば十分に周ることができる。

公園も綺麗に整備されているし、道路の状態や街も何かとタイの方がよく整っている。

子供たちもカンボジアのような着の身着のままという感じではなく、タイの子供たちは小綺麗な服を着ている。

タイとカンボジアはえらい格差があるようだ。

旅人にとっての物価事態はタイのほうが安いのに、色んな面でタイの方が豊かだ。

 

予想通りといえば、それまでだが、

アンコール遺跡に比べてしまうとスコータイの遺跡群は寂しい。

 

しかし、自転車でゆっくりとぶらつくにはちょうどいい。

景色は綺麗だし、のんびりしていても邪魔する人はいないし、最高に気持がいいところだった!!

最後に行った山の上に大仏がいるWATは、そこからの景色も最高に良かった!!

tabistar.club

 

カッパドキア依頼の静寂

スコータイはカッパドキアほど田舎ではないし、旅行客が程々にいる。

しかし、トゥクトゥクなどの客引きは少ないし静かな街だ。

夜の街も落ち着いて散歩ができる。

シェムリアップよりはこのスコータイの方が居心地がいい。

日本人は全く見かけないが、欧米人の旅行客はけっこういる。

特にドイツ人が多いようで、屋台のメニューでもドイツ語があった。

ドイツを発ってからまだ3週間も経っていないのに、ドイツにいた頃がはるか遠いころのような記憶になりつつある。

それにしても、この街ではカッパドキア以来のゆっくりした時間を過ごすことが出来そうだ。

本日の出費

朝食 20B

ピサヌローク→スコータイ バス代 39B

トゥクトゥク 35B

昼食 20B

コーラ 17B

ソンテオ ムアンカオ行き 20B

スコータイ遺跡入場料 210B

自転車レンタル 30B

コーラ+焼き鳥 25B

コーラ 15B

ソンテオ 新市街行き 20B

水・お菓子 32B

夕食 145B

宿代 250B

合計 878B

 

↓お帰りの前にクリックお願いします!

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村

19日目へ続く>>

www.viva63.asia