VIVA★63

アラフォーデザイナー@サイゴン

【トルコ イスタンブール】2009年12月20日 イスタンブールで変人に話しかけらない方法

 

目を開けるとピンク色の壁が目に入る。

壁の色を見て自分がイスタンブールにいることを思い出した。

時計は8時を周ったばかり、目覚ましをかけなくてもこの時間に起きてしまうのは、ドイツ留学時代の習慣か。

昨夜遅くにドミトリーに入ってきたオーストラリアの女の子はまだ寝ていた。

朝食はミルクパンを買って食べた。

0.75TL(約50円当時)は安い。

ブルーモスク

tabistar.club

朝から早速訪れたのはブルーモスク。

昨日は外から眺めただけだった。

朝一は、「NICE PHOTO!!」と言って来るバカはいないようだ。

モスク内は土足厳禁だ。

屋内に入ると、既に数人の日本人観光客がいた。

厳密にいうと、女性がモスクに入るときは、髪を隠さなければならない。

しかし、この団体日本人客は、そのまま中に入っている。

彼女たちは、そのルールを知っているのだろうか。

とにかく、今日という一日は、日本人ツアー客に遭遇してばかりになった。

それもそのはず。ブルーモスクとアヤソフィアそしてトプカプはイスタンブールの目玉観光地だ。

 

イスタンブールへの憧れは昔からあった。

東洋と西洋が交わる場所。

それがどういう形で存在しているのか。

 

とても興味があったのだ。

 

トルコは90%以上がムスリムイスラム教)であるが、他のイスラム国ほどの厳しい戒律はない。

それは、2008年まで政権の第一党が民主主義政権であったからだ。

しかし、2009年はムスリム党が第一党となりトルコは保守的に変わりつつある。

そして、長年の間EUへの加盟を申請し続けているが未だ加盟することができていない。

一番の原因は、宗教のようだ。

EUキリスト教社会で、トルコはイスラム教社会だ。

確かに、街の雰囲気や民族性は明らかにヨーロッパとは違う。

 

この国は、明らかにアジアのにおいがする。

僕が憧れていたブルーモスクには、残念ながら大きな感動を感じなかった。

昔からのあこがれの場所だったはずなのに。

 

理由は分かっている。

その原因の一つは、観光客の多さだ。

特に、日本人観光客の団体は目に余る行動をとっている人がいて興を削がれた。

 

アヤソフィア

tabistar.club

アヤソフィアは、ブルーモスクと向かい合って建つモスクだ。

ブルーモスクもアヤソフィアも一つの大きなドームである。

アヤソフィアの1代目は324年に着工

現在残っているのは3代目で537年に着工

はじめは、キリスト教の大教会であった。

キリスト教時代は916年間は続き、その後オスマン帝国時代からイスラム教のモスクとなる。

 

この旅に出る前、半年間はドイツ滞在して、ドイツ→イタリア→トルコと教会を見てきた。

東へ征くほど、聖堂の高さが低くなり、その代わり、一つの空間が横に大きく広がっているのを実感する。

アヤソフィアキリスト教の教会であったものが、モスクとして改装された。

まさに、東洋と西洋の間に起きた歴史をそのまま感じることができる。

 

下の画像は、偶像崇拝を禁じているイスラム教のために、イエスキリストのモザイクがモルタルで隠された。

いまは、そのモルタルを剥がす作業が進められている。

文化的な価値が、宗教の枠を越えようとしている。

そして、アヤソフィアは壁が石のように見えるが、実際は模様を描いている箇所がある。

そこも見どころの一つらしい、不思議な技法だった。

https://i0.wp.com/tabistar.club/wp-content/uploads/2016/10/DSC01001.jpg?zoom=1.6500000953674316&fit=1332%2C660

 

イスタンブールのハイライト

ブルーモスク → アヤソフィア → トプカプ宮殿 → 地下宮殿はイスタンブールのハイライトだ。

 

地下宮殿は不思議な空間で印象的だった。

tabistar.club

 

トプカプ宮殿とハーレム
 

日中は、街をブラつく時間を減らして、なるべく建物内にいたから、不愉快な思いをせずに済んだ。

 

夕方は、SIRKECIまで歩いた。

川辺でたくさんの人達が釣りをしていた。

 

夜のイスタンブールは、ファンタジックでノスタルジック。

綺麗な夜景だった。

 

イスタンブールの夜

tabistar.club

本日の出費

朝食 パン  0.75TL

アヤソフィア 20TL

地下宮殿  6TL

トプカプ宮殿+ハーレム 20+15TL

ドナーケバブ 6TL

パン 0.75TL

スプライト 2.5TL

魚のサンドイッチ 3TL

トルコアイス 2TL

ビール 2.5TL

カメラのケーブル 20TL

合計 98.5TL

↓お帰りの前にクリックお願いします!

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村

4日目に続く>>

www.viva63.asia