VIVA★63

アラフォーデザイナー@サイゴン

チャーミー

 

 

土曜日は、死を覚悟した。

チャーミーというなんとも可愛らしい名前の台風24号はすでに沖縄付近に来ていた。

 

欠航になるかも、と思って空港まで行ったが、ディレイでも欠航でもない。

そうか、無事にベトナムに帰れるのか。

そして、ベトナム航空のコーポレートカラーである緑がかったブルーに塗られたボーイング787は、定刻通りフライトした。

こんな天候なのに、機内に空席が少ないのは、その日が土曜日だったからだろう。

 

無事に空港を飛び立った787は順調に飛んでいた。

シートベルトサインが消えたところで、備え付けのテレビで映画を観ることにした。

つらいフライトでの唯一の楽しみは映画観賞だ。

その日は、レディプレイヤーワンをセレクトした。この映画はバーチャルリアリティのゲームの世界が舞台だ。

ストーリー自体は幼稚な内容だが、映像の迫力で僕はその世界観にのめり込んだ。

そして、クライマックス…

 

飛行機が突然大きく揺れた。

バーチャルリアリティの世界とリアルの世界が交わった瞬間だ。

また、飛行機は揺れた。

動悸がする。ドキドキする。

僕は何度も飛行機に乗っているのに、こんなに恐怖を覚えたのは初めてだ。

僕は死を覚悟した。

 

なんで台風が来てるのに飛行機は飛んだんだ。

どうして、飛行機は台風を迂回してないのだろう?

 

僕は、ここで死ぬのか?

そんなバカな想像をした。

これからは飛行機を怖がる人をバカにできないな

 

↓お帰りの前にクリックお願いします!

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村